大阪府(大阪市)の税理士/税理士新島亮市|

確定申告とは

確定申告とは

確定申告とは税金に関する手続きで個人・法人の両者とも必要な手続きです。
ただし、一般的なサラリーマンは会社を通じた年末調整により免除されます。
また消費税の課税事業者に該当する場合は、消費税の確定申告も必要になります。

 

法人

法人は自ら確定申告を行うことにより法人税等の額が確定いたします。
法人は事業年度が終了した後に決算を行い、株主総会等の承認を受け、その承認を受けた決算に基づいて申告書を作成し、これを納税地の所轄税務署長に提出することになります。
この提出は決算日の翌日から2ヶ月以内に行う必要があります。
なお、納付すべき法人税の額がない場合であっても、確定申告書の提出は必要です。

また、法人税が20万円を超えた場合には翌期から中間申告を行う必要があります。

 

個人

自営業(個人事業主)・年金生活者などが対象となります。
またサラリーマンであっても、給与が2千万円を超える場合や2千万円以下であっても副業等を行っている場合は対象となる場合があります。
個人の確定申告は、例年2月16日~3月15日が期限となっております

 

青色申告と白色申告

確定申告に関連して、よく「青色申告」「白色申告」という言葉を聞きます。
具体的に説明すると、白色申告とは収入または売上から仕入・経費を差し引いて所得を出すという方法で、青色申告とは収入または売上から仕入と経費を差し引いて、そこから一定の額を控除して所得を出すという方法です。

青色申告で申告することが出来れば、たくさんのメリットがあります。
個人で事業をされている方や不動産の収入のある方はかなり有利になる場合がほとんどです。
青色申告の条件として、その年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を提出しなければならないとされております。
青色申告で申告を行う場合、帳簿を作成して経費の管理を厳密に行わなければならないなど煩わしいイメージがありますが、実は白色申告を行う場合でも帳簿の作成・保存が義務付けられることとなりました。
また、事業内容によってはその管理のために、経費帳や売掛帳などの補助簿が必要になります。
どちらにしても帳簿を作成する必要があるのなら、「青色申告承認申請書」を提出して、青色申告のメリットを受けることをおすすめします。

損益計算書や貸借対照表の作成については、簿記の知識が必要になります。

 

加算税・延滞税

確定申告をせずに期日を過ぎてしまうと、加算税が発生することになります。
また、期日までに確定申告をきちんと済ませても納付を忘れていると延滞税が発生することになります。


※「コミュニケーションから凡てが始まる」新島会計事務所のモットーです。

ご相談ならいつでも無料です。 TEL 06-6329-2804 平日9:00~17:00
受付時間後も出来る限り職員が待機しておりますので、
お気軽にお電話ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 税理士 新島亮市 All Rights Reserved.