大阪府(大阪市)の税理士/税理士新島亮市|

所得税について

所得税のしくみ

所得税とは、個人が1月1日から12月31日までの1年間に得た所得に対してかかる税金で、国に納めるものです。1年間の総所得から、基礎控除や配偶者控除など個人の事情に応じて所得控除を差し引き、税金の計算をします。また、税率は所得が多くなるほど段階的に高くなる超過累進税率で、支払能力に応じて税を負担するしくみ(応能原則)になっています。

納税義務者

所得税の納税義務者 納税方法
個人 居住者 非永住者以外の者 原則・申告納税
非永住者 原則・申告納税
非居住者 原則・源泉徴収
法人 内国法人
(人格のない社団等を含む)
原則・源泉徴収
外国法人
(人格のない社団等を含む)
原則・源泉徴収

青色申告

所得税の青色申告制度とは、一般の記帳より水準の高い記帳をし、その帳簿に基づいて正しい申告をする人が所得の計算などについて有利な取扱いが受けられる制度のことを言います。
青色申告が可能な人は、不動産所得・事業所得・山林所得のある人です。青色申告制度の恩典は所得税のみに止まらず、事業税・住民税にも及び、トータルすると白色申告よりも相当の節税効果があります。
「自分で青色申告をするのは億劫だ」とお考えのお客様、ぜひ一度ご相談下さい。(→無料相談
※平成26年1月より白色申告の方も記帳及び帳簿の保存が必要となりました。

 

所得税額の計算方法

所得税の計算は、基本的に次の通りです。

【1】 「収入金額」から「収入から差し引かれる金額(必要経費)」を差し引いて「所得金額」を求めます。
収入金額 - 収入から差し引かれる金額 = 所得金額
【2】 「所得金額」から「所得金額から差し引かれる金額(所得控除)(国税庁HPより)」を差し引いて「課税される所得金額」を求めます。
所得金額 - 所得控除額 = 課税所得金額
【3】 「課税される所得金額」に応じた税率を乗じて「所得税額」を求めます。
課税所得金額 × 所得税率 - 控除額 = 所得税額
【4】 「所得税額」から「税金から差し引かれる金額」を差し引いて「申告納税額」を求めます。
所得税額 - 税額控除額 - 源泉徴収税額 = 申告納税額

 

 

所得税の申告と納税の時期

所得税は原則として、毎年1月1日から12月31日までの1年間に得た所得とそれに対する税額について、翌年の2月16日から3月15日までに納税者自身が計算して確定申告し、納税することになっています。申告する税務署は、原則として住所地を管轄する税務署です。
なお、所得税は1年分の税金を一度に納めるには負担が大きいということから、一定の要件の下に予定納税制度を採っています。予定納税制度とは、前年の所得を基に計算した税額の3分の1の金額を、それぞれ7月(第1期分)と11月(第2期分)に納める制度です。納めた予定納税額は、確定申告で精算することになります。

 

 

平成27年度「所得税の改正のあらまし」

先日、平成27年度税制改正案が可決、成立しましたが、国税庁ではこれに伴い「所得税の改正のあらまし」パンフレットを作成・公開しました。
あらかじめ確認しておいた方がよいと思われる点が数多くあります。一度ご覧になられてはいかがでしょうか。

ico-pdf平成27年度「所得税の改正のあらまし」PDFダウンロード(518KB)

平成26年度「所得税の改正のあらまし」

先日、平成26年度税制改正案が可決、成立しましたが、国税庁ではこれに伴い「所得税の改正のあらまし」パンフレットを作成・公開しました。
この「所得税の改正のあらまし」は、平成26年5月30日現在の平成26年分の所得税関係の税制改正のあらましについて解説したものです。
あらかじめ確認しておいた方がよいと思われる点が数多くあります。一度ご覧になられてはいかがでしょうか。

ico-pdf平成26年度「所得税の改正のあらまし」PDFダウンロード(472KB)

※ 記述が古い場合がありますので、自己責任にてご利用下さい。
記載内容については誤りがないように十分注意していますが、もし誤りがありましたら管理人までお知らせ下さい。

ご相談ならいつでも無料です。 TEL 06-6329-2804 平日9:00~17:00
受付時間後も出来る限り職員が待機しておりますので、
お気軽にお電話ください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 税理士 新島亮市 All Rights Reserved.